ジェットスターで札幌までお得に旅行

北海道は行きたい旅行の行き先には常に人気がトップクラスです。北海道への観光旅行は魅力がいっぱいです。

なんと言っても一番の理由は食べ物がうまい!と言うことだと思います。
六花亭のバターサンドをはじめ、チーズやソフトクリームなどの乳製品で作ったスイーツや新鮮な魚介類を使ったボリュームある海鮮どんぶりも当然美味しいですし、じゃがいもやとうもろこしなど道内で生産された農作物も多いので、どこで何を食べても美味しいのが北海道の魅力です。

また、北海道はサッポロビールも美味しいのでビール好きにはたまらない観光地です。
サッポロビールがら出ている北海道限定のサッポロのClassicは北海道でしか買えません。
北海道に行けば、お土産屋さんでなくても、普通にイオンなどのスーパーでもサッポロのClassicは買えます。

昨年夏に北海道に行ったときに、ビール好きの方々ににサッポロクラシックをお土産で配ったときは大変喜ばれました。
非常に広大な北海道は移動に時間がかかりますので大変だとも言えますが、本州と自然環境が異なっています。本当に同じ国?というぐらい不思議な感覚となります。

私は昨年、7月と8月に2回、北海道旅行をしました。過去に1回だけ北海道に家族旅行で行ったことがありました。
その旅行で北海道に魅力を感じではいたのですが、移動手段は飛行機になりますので、旅費が高くて、もう行くことはないだろうと思っていました。

昨年7月に付き合いで現地集合の北海道への研修旅行に行く必要に迫られました。
飛行機の早割など一番安くで北海道に行く方法はないかと検索していたら、ジェットスターのことを知りました。
関西空港から札幌(新千歳空港)行きの運賃は片道1万円ちょっとでした。

LCCを初めて利用することもあり、運賃オプションもつけました。
オプションは現在の名前は「ちゃっかりPlus」という名前になっていました。
それは、運賃に1650円~支払えば、受託手荷物が10kgまで無料やスタンダードシートの座席指定が無料、予約内容の変更(日時、搭乗者)が手数料無料などの
サービスが受けられます。
また、現在は温かい飲み物のサービスとなってますが、昨年は500円分の機内バウチャーがついていたので、コーヒーとカップケーキを頼みました。

1万3千円ほどで、北海道にまで行けて、このようなサービスが受けられたので得した気分になりました。

翌月、夏休みに帰ってきた娘と今度は女2人旅で、また再び北海道旅行に行くことにしました。
ものすごく楽しい夏の思い出が2回もできて、本当に良かったです!私たちが予約した航空券はスカイチケットという格安航空券の予約や比較ができるサイトからとりましたが、とても安心できました。

札幌行きのジェットスターのセールや支払いについて

JetStarでは定期的な航空チケットセールをしています。
大手航空会社の半分ほどの価格が一般的ですが、セールであれば更に安くなるので、お得感が上昇します。
航空チケットセールでは、北は北海道の札幌から、南は沖縄まで日本全国を対象としており、また、海外路線の航空チケットもありますので、海外旅行へも利用できます。

そんな魅力ある航空チケットセールがきになるなら、Jetsterを利用しましょう。同社のメールマガジンサービスがあります。
公式サイトから登録すれば、1周間に1度~2度、月に4~6通のメールが定期的に送られてきます。
メールの内容は、セールやキャンペーン対象の路線と便の航空チケットのみなので、北海道の旅をよりお得に楽しめます。

My Jetsterへの登録は、公式サイトのメニューから「My Jetster 登録」をクリックし、メールの入力、メールマガジンの送付へのチェックをすれば無料でセールやキャンペーン情報を利用できます。

My Jetsterの登録では、搭乗者情報も入力しておくと、メールで紹介されている航空チケットの予約購入が簡単になりますので、おすすめです。
格安航空チケットのセールを利用する方法はわかりましたが、支払いの方はどんな選択肢があるのでしょうか。
支払い方法は、クレジットカードを使えます。

ビザ、マスターカード、アメリカンエキスプレス、ダイナースクラブ、JCBカード、UATP、パソコンからはペイパルなどが利用できます。
さらに同社がマスターカードと提携して展開しているマスターカードであれば、手数料不要なのでよりお得です。
これ以外の支払い方法としては、ゆうちょ銀行などとかネットバンキングで支払うことができますが、セブンイレブンのATMから支払いはできないので、注意してください。

ただし、コンビニやATM、ゆうちょ銀行、ネットバンキングでの支払いは、予約日から出発まで3日以内、予約完了日の翌日23時59分までに振り込まなければなりません。

また、予約変更に発生する追加料金などの支払いはできません。
自然豊かな北の大地への旅をするなら、メールマガジンに登録して、航空チケットのセールやキャンペーンを利用するとさらにお得感が増します。
また、支払い方法で利用すると効率的です。

もし、クレカを持っていないなら、同社とマスターカードが提携しているJetstarマスターカードを利用すると、航空チケットの支払いに手数料がかかりません。

札幌発着のジェットスターを格安で利用

札幌発着のジェットスターを利用したのですが、大手のものとあまり変わらないサービスに驚きました。
格安のticketを買うことができるということで、以前から気になっていた航空会社でした。なので、思い切ってチケットと予約をしてみたのですが、ネットから予約をすることができたし、わかりやすかったのでとてもいいと感じました。

格安のチケットなのでサービスはあまりよくないものなのかと思っていたのですが、きちんとした丁寧な接客をしてもらえました。アテンダントの方たちも清潔感があり、しっかりとお仕事をされているのがわかりました。

自分の手荷物のなかには必要なものだけを入れて持ち込んでいたので、サービスばかりをあてにしたりはしなかったのもあるのかもしれないですが、十分満足できるフライトになりました。はじめてこちらの会社を利用したのですが、格安のチケットがさらに安くなるセールやキャンペーンなどを行っているときもあるので、こまめにチェックしておくとチケットの料金をさらに抑えて購入することができるので便利で助かります。

また、搭乗するときに階段を使うのですが、補助が必要な方などはお手伝いをしてくれるので安心だと思いました。
小さなお子様を連れている家族や補助を必要としていた方を優先的に通していたせいか、スムーズに搭乗することができたのでとても楽でした。

ですが、これとは違って、なぜか降りるときには時間がかかっていました。なぜかはわからないのですが、急いでいるときには苛立つかもしれないですが、そのときはまったく気にならな
かったです。アテンダントの方の案内も丁寧にされていたので、文句をいう必要を感じなかったからです。

遅延や運休が大手のところに比べると多いということなのでこまめにチェックをしておくといいと思いました。もしも座席や機内の広さ、手厚いホスピタリティーを求めているという人なら大手を利用するといいです。格安のをチケットを購入できたのだから、ある程度の譲歩をこちらもするべきだろうと思いました。

実際に短時間の国内の移動なので、ほかの乗客の人たちも眠っていたり、自分の好きなことを迷惑にならないように楽しんでいたので、十分満足することができないサービスだと感じました。次に国内旅行をするときにもぜひ利用します。格安でチケットを購入できたことで、旅行先でも浮いた費用をほかにことに使用することができたのでとても助かりました。

ジェットスターで札幌へ、座席変更などのサービスについて

ジェットスターは、北海道への旅に利用されています。
冬を代表する一大イベントさっぽろ雪まつりや、「試される大地」のキャンペーンでも知られており、新鮮な海の幸、豊かな農畜産物、そして豊かな自然のある日本屈指の観光地です。

2014年度には日帰りを含めて5377万人もの観光客が訪れており、特に外国人観光客の増加が154万人と34%増となったことが話題をさらいました。
札幌への航路の旅は、成田空港から約1時間40分、中部国際空港から約1時間45分、関西空港からは約1時間55分ほどかかりますが、格安航空チケットでも、わずか約2時間ほどで北の大地を訪れることができるようになりました。

そんな機内での時間を快適に過ごすために欠かせないのが座席シートです。
座席指定しない場合は、ランダムに座席決まるため、恋人や友人、家族が離れ離れの座席に座る可能性があります。
航空チケットの予約時にスタンダード座席指定できるStarter Plus(しっかりPlus)以上の運賃プランを選択していれば、スタンダードシートに限り、座席指定ができます。

また、Starterの場合でも追加料金を支払うことで、座席指定できます。
座席シートの種類には標準的なスタンダードシート、機内の前方にあり早めに乗り降りできるアップフロントシート、足元が広いエクストラレッグルームシートの3種類に加えて、15歳以上、非常時にクルーに協力できる、幼児を連れていないなど、いくつかの条件をクリアすれば、非常口列座席も利用できます。

座席指定サービスを選ぶとメリットが大きくなる方は、カップル連れ、友人や家族連れです。
特に小さなお子さんがいるなら、家族と隣り合った座席に座りましょう。
親御さんが通路側に、お子さんが窓際に座れば、はるか上空から見下ろす海や雲、山々や大地を目にすることができるので、約2時間の旅でも飽きることがないはずです。

また、非常口付近の座席の中にはリクライニングできないものもあるので、どうしてもリクライニングを使いたい方は、非常口から離れた座席を選びましょう。
これらの座席指定サービスは、航空チケット予約・購入時に460円~1000円の追加負担を支払い(Starterの場合)、早く購入すればするほど選べる座席が増えます。
では、座席の変更はできるのでしょうか。

結論から言うと、購入した後に座席変更するサービスは提供されていません。
また、規定によるとスタンダードシートの乗客とアップフロントシートの乗客が、互いの合意の上で座席を交代するというような、座席シートの譲渡もできません。
2時間の旅を楽しく過ごすなら、追加料金で座席指定サービスを使って、納得できる座席を選んでおきましょう。

札幌行きのジェットスターの賢い活用方法

LCCを利用するときのポイントは、他の航空会社では設定されていないようなスケジュールの活用と言えます。LCCは運航するにあたって、必要最小限の航空機を効率的に運用しています。そのため、一度遅れが発生すると、その後のフライトスケジュールにも影響を及ぼします。

その一方で旅客数が見込める路線へ就航しなければリーズナブルな価格でチケットを提供することが難しくなります。旅客数が多い空港は一般的な航空会社も多くの路線を展開していることから、飛行機の離発着に使用する滑走路が混雑します。つまり、予定通り利用客の搭乗が終了して飛行機が動き出しても、離陸するまでで時間がかかることがあります。

そのため、LCCではそのような事を避けるために早朝や深夜の時間のフライトを多く設定しています。LCCを上手に活用するためのひとつのポイントはこの早朝などのフライトを利用することです。もともとチケットがリーズナブルであることから、日帰り旅行でも気軽に利用することができます。日帰りということを考えると、いかに目的地での滞在時間を長くするかということがポイントとなります。早朝のフライトで出発して、夜遅いフライトで帰ることができれば、日帰りでも旅行を楽しむことができます。現地での滞在時間が長ければ長いほど、旅行先での楽しみ方の選択肢が増えます。

特に、移動に際して時間を要することが多い北海道への日帰りであるとなおさらです。北海道旅行というと、宿泊することが当たり前という感覚ですが、LCCを利用することによって、日帰りでも実現することができます。LCCのひとつであるジェットスターでは朝早くに札幌に向かうスケジュールが組まれており、逆に夜遅い時間に現地を出発するフライトがあります。これらのフライトを利用することによって、日帰りでの北海道旅行を楽しむことができます。

空港からは鉄道などの公共交通機関が整備されているので、レンタカーなどを借りなくても楽しむことができます。このように、現地での滞在時間を増やすという観点から活用することができます。往復利用しなければならないということではないので、スケジュールが合わないようであれば、いずれかのフライトを他の航空会社のフライトにしても問題ありません。

一般的に不便と言われている早朝や深夜の時間帯のフライトの活用、それが別のメリットを生むということです。それが賢い利用方法であると言えます。