ジェットスターで札幌へ、座席変更などのサービスについて

ジェットスターは、北海道への旅に利用されています。
冬を代表する一大イベントさっぽろ雪まつりや、「試される大地」のキャンペーンでも知られており、新鮮な海の幸、豊かな農畜産物、そして豊かな自然のある日本屈指の観光地です。

2014年度には日帰りを含めて5377万人もの観光客が訪れており、特に外国人観光客の増加が154万人と34%増となったことが話題をさらいました。
札幌への航路の旅は、成田空港から約1時間40分、中部国際空港から約1時間45分、関西空港からは約1時間55分ほどかかりますが、格安航空チケットでも、わずか約2時間ほどで北の大地を訪れることができるようになりました。

そんな機内での時間を快適に過ごすために欠かせないのが座席シートです。
座席指定しない場合は、ランダムに座席決まるため、恋人や友人、家族が離れ離れの座席に座る可能性があります。
航空チケットの予約時にスタンダード座席指定できるStarter Plus(しっかりPlus)以上の運賃プランを選択していれば、スタンダードシートに限り、座席指定ができます。

また、Starterの場合でも追加料金を支払うことで、座席指定できます。
座席シートの種類には標準的なスタンダードシート、機内の前方にあり早めに乗り降りできるアップフロントシート、足元が広いエクストラレッグルームシートの3種類に加えて、15歳以上、非常時にクルーに協力できる、幼児を連れていないなど、いくつかの条件をクリアすれば、非常口列座席も利用できます。

座席指定サービスを選ぶとメリットが大きくなる方は、カップル連れ、友人や家族連れです。
特に小さなお子さんがいるなら、家族と隣り合った座席に座りましょう。
親御さんが通路側に、お子さんが窓際に座れば、はるか上空から見下ろす海や雲、山々や大地を目にすることができるので、約2時間の旅でも飽きることがないはずです。

また、非常口付近の座席の中にはリクライニングできないものもあるので、どうしてもリクライニングを使いたい方は、非常口から離れた座席を選びましょう。
これらの座席指定サービスは、航空チケット予約・購入時に460円~1000円の追加負担を支払い(Starterの場合)、早く購入すればするほど選べる座席が増えます。
では、座席の変更はできるのでしょうか。

結論から言うと、購入した後に座席変更するサービスは提供されていません。
また、規定によるとスタンダードシートの乗客とアップフロントシートの乗客が、互いの合意の上で座席を交代するというような、座席シートの譲渡もできません。
2時間の旅を楽しく過ごすなら、追加料金で座席指定サービスを使って、納得できる座席を選んでおきましょう。